ルームウェアを素材で選ぶ

ルームウェアを素材で選ぶ

ルームウェアは、室内着として着用する衣服であり、
外出着ほど、見栄えの良さを重視することはないと思いますが、

1日中ずっと家にいるときのことを考えると、
着心地の良さは重要ポイントになります。

長時間、ルームウェアを着用していて、汗ばんできたり、
通気性が良くないものだと、着心地が悪くなります。

夏用のルームウェアは、ある程度吸湿性が良くて、
通気性が良いものを選ぶと良いでしょう。

冬用のルームウェアは、適度な吸湿性があり、
体を温めて熱を逃さないタイプの素材を選ぶと良いでしょう。

冬の寒い時期には、パイル生地、夏の暑い時期には、
オーガニックコットンの薄い綿素材のルームウェアがオススメです。

とくに、インド綿素材のルームウェアは、夏の定番アイテムと
いっても良いほどで、通気性が良くて涼しい着心地です。

綿素材のルームウェア

ルームウェアに用いられる素材には、
綿(コットン)素材のものがたくさんあります。

綿は、衣服でもっともよく用いられている生地であり、
適度に湿度を吸収してくれるので、夏の暑い時期のルームウェアとして適しています。

最近は、とくに自然派志向が高くなり、
オーガニックコットンのニーズも高くなっています。

オーガニックコットンは、お肌への優しさに配慮されており、
とても着心地が良い素材です。

一般の綿素材とは価格が少し高くなりますが、
着心地の良さや優しい肌触りを重視する傾向が強い方には、
オーガニックコットンはオススメです。

ひとつの衣服を長く着こなしたい方、型崩れしにくい素材を
求めている方には、コットン素材が適しています。